美白美容液って、どんな働きをする化粧品なの?

加齢と共に増えてくるシミやくすみ、気になりますよね。

美白化粧品を使おうと考えている方も多いと思います、最近では肌質を改善しながら美白も行うディセンシアサエルのような、肌トラブルを心配せずに美白を実感できる美白化粧品が増えてきています。

 

美白美容液ってどんな働きをするの?

 

ところで、具体的に美白美容液とはどのような働きをして、どんな効果をもたらしてくれるものなのでしょうか?

一般的に美白というと「メラニンの生成を抑制して、これから出来るシミを予防する事」を言います。

また、ハイドロキノンなど一部の美白成分には、今あるシミを薄くする働きを持つものもあります。

 

肌は紫外線を浴びる事で、シロチナーゼというメラニン色素を作る原因の働きが活発になり、皮膚にメラニン色素を生成してしまうのがシミが出来るメカニズムになりますが、美白美容液を使うことで、シロチナーゼの働きをブロックしてメラニン色素を生成するのを阻止します。

これらの役割を果たす成分が、いわゆる美白成分と呼ばれるもので、いくつかの種類があります。

 

例えば、カモミラET、トラネキサム酸といった美白成分は、紫外線などの刺激を受けて、脳内のメラニンを作れという命令がメラノサイトに届く前にブロックします。

トラネキサム酸は他にもメラノサイト自体を活性化させる働きをブロックするので、メラニンの生成をより強く抑制することが出来ます。

 

有名なビタミンC、ハイドロキノンといった美白成分は、既に酸化してシミとなってしまったものを薄くしたり、黒化したメラニンを元に戻す働きをします。中でもビタミンCはシミにとっても肌にとっても優秀な成分、シミの予防だけでなく改善にも効果を発揮します。

ハイドロキノンは実際に医療現場でシミ治療に用いられる美白成分ですから、出来てしまったえシミに対する効果はお墨付きです。

 

ここに紹介する以外にも、ほぼ全ての美白成分がシロチナーゼ酵素の活性を阻害してメラニン生成を抑制する働きを持っているため、美白成分と名が付くものは「メラニンの生成を抑制する」働きを持っていると言っていいでしょう。

ハイドロキノンなど一部の美白成分はとにかく、メラニンの予防だけでは今あるシミは薄くならないのでは?と思われると思いますが、肌本来のターンオーバー機能が、今まで蓄積したメラニンを排出します。

美白美容液で新しいシミの生成を防いでいることで、「メラニンを排出する度にシミが改善していく」いう効果を実感する事ができるのです。

保湿化粧品に含まれている保湿成分で有効と思われるものは?

いくら保湿化粧品を使っても、肌の乾燥を感じてしまう…

あまり肌に浸透していないんじゃないかと思う…

そういった悩みを抱えている方もいると思います。

実際、私もそうだったのでこれまでにも色々な保湿化粧品を試してきました。

デパートの一階で売っている少しお高めの化粧品から、インターネットで購入出来る知る人ぞ知る化粧品まで、たぶん50種類以上は試してきたと思います。

 

その中でも比較的良かったのがグラスオールのスキンケア化粧品です。

これには「シャンパン酵母」のエキスが入っています。

なんと皆さんご存知、あの葡萄のお酒のシャンパン由来の成分なのです。

実はこれが体内のコラーゲンよりも多くの水分を保つことができ、水分の蒸発を防ぐとのこと。

グラスオールの「ローションエッセンス」には、このシャンパン酵母が贅沢なほどに含まれています。

シャンパン酵母が水分を充分に保つことができるため、その結果として乱れていたキメを整え、乾燥してしまった肌を透明感のあるふっくらとしたみずみずしい肌に戻すことができるのです。

 

また、肌がもともと持っている天然の保湿成分と同様の成分が含まれているため、敏感肌や乾燥してしまった肌に負担をかけることなく、皮膚の奥まで浸透していきます。

その他にも、角質層に水分を保つために必要なヒアルロン酸や高保湿型アミノ酸、コラーゲンなど乾燥を防ぐための成分がたっぷり入っており、乾燥肌から健康な肌に導きます。

使い心地は、とろみのあるローション状の美容液で肌に浸透しやすく、肌の内側から潤いが蘇ってきます。

香りもほんのりとシャンパンの香りがし、あの酵母独特の香りがなく癒されます。

毎日使うものだし、顔につけるものだから良い香りのものを使いたいものですね。

その点では、グラスオールの基礎化粧品は、癒される香りと乾燥で弱った皮膚の改善ができる一挙両得の保湿化粧品と言えます。

その他いくつかの保湿化粧品で良さそうなものがありましたので、次回またご紹介してみたいと思います。

 

乾燥肌に良いとされる化粧品:アクアフォース

私のサイトへようこそ!

 

このサイトでは、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人に向けて、私が実際に行ってきた対策をご紹介していきます。

 

もちろん、人によって肌質も違うし化粧品が合う、合わないということもあると思いますので必ずしもこのサイトの情報が正しいという訳ではありませんし、またあくまでも自己責任において化粧品などは使っていただけたらと思います。

 

それでは、今回は乾燥肌に良いと言われているアクアフォースについてご紹介したいと思います。

 

 

乾燥肌対策のおすすめ化粧品・アクアフォース

 

「貯水力」という言葉を謳っているオルビスのアクアフォース。

カサカサの乾燥肌にはもちろん、頬はカサつくのにTゾーンやあごだけ皮脂が多いタイプのインナードライタイプにも使える保湿化粧品です。

オイルフリーで無着色なので、敏感肌の人にもおすすめできます。

アクアフォースの特徴は、肌のうるおい成分に近い独自の成分「ピュアアクアエッセンス」を配合していることです。

この成分が角質に浸透しやすく、また長時間水分を保持するので肌がふっくらとして柔らかくなります。

さらりとした化粧水ですが保湿効果が高く、乾燥肌の方でも柔らかな肌を維持することができます。

肌が柔らかくなり、余計な脂分が出なくなると毛穴が目立たなくなり、大人ニキビに悩まされることもなくなります。

さらに、アクアフォースにはまさに「貯水力!」と言わんばかりの成分も含まれています。

肌に水のヴェールを作り、肌を守りつつ空気中の水分をキャッチ。

この保湿成分が肌のうるおいを持続させて乾燥からガードするのです。

乾燥肌にとってはこの上ない嬉しい機能ですね。

無香料で香りはほとんどないので、香料のにおいや成分のにおいが気になる人にもおすすめです。

同じラインでミニサイズのトライアルセットがあるので、気軽に試しやすいのもポイント。

しっとりタイプとさっぱりタイプが選べます。

また、詰め替え用リフィルもあるので、経済的にもうれしいですね。

低価格で高品質なのがアクアフォースの魅力であると思います。